好き

って気持ちを忘れずにさ。

好きだからこそ、暴走できる自分がいたから。

「好き」な「何か」を発見するコト。