頭の中の自分が勝手にお出かけする問題

気付いたときには、別のことを考えている。大きな問題だ。小さなことがキッカケになって、あちこち行ってしまうのだ。

勝手にどこかへ

頭の中にいる自分は、いつも迷子だ。
ふと見つけてしまった言葉から、どんどん連想ゲームをしてしまう。

増田で話題になっていた「男友達がやたら水族館に誘ってくる。」へのコメントにあったフレーズ

「ステディ」

今日のスタートは「ステディ」だった。

「ステディ」という響きを懐かしく感じるのは、山下達郎氏の「DONUT SONG」に出てくるから。ミスタードーナツのCMで使われたことでも有名なDONUT SONG。

そこに「今はステディじゃなくていいよ」と出てきた。1996年の曲、20年以上も前に「ステディ」という言葉が頭の中に記録されていた。

山下達郎

DONUT SONGを覚えてからエンゼルクリームを注文するようになってしまったのは、まんまと作戦通りなのかもしれない。

そんな山下達郎氏といえば、クリスマス・イブではないだろうか。僕が初めて買った8cmのシングルCDは、山下達郎のクリスマス・イブだった。

国鉄からJR東海に変わった2年後、1989年の冬に牧瀬里穂氏が名古屋駅の構内を走っていたのだ。今は四角くなってしまった柱も、当時は円柱に。1989年は改札も自動改札ではなかった。

地元民としては嬉しい1989年のクリスマス・エクスプレスなのだ。

奥様

山下達郎氏の奥様と言えば、竹内まりや氏だということは、周知の事実。

ケンタッキーフライドチキンのクリスマスCM曲である「すてきなホリデイ」を作詞作曲したのも竹内まりや氏。

ドーナツにケンタッキーにクリスマスに。ライバルなのか同志なのかよく分からないご夫婦だ。

広末涼子

竹内まりや氏のことで驚いた記憶にあるのは、広末涼子が歌っていた「MajiでKoiする5秒前」を作詞作曲したということ。

なんか、もう、広すぎて凄すぎて。

とにかく「すごい!!」しか言葉がでてこなかった。

旅が終わる

そんなこんなで、
水族館から始まった旅は広末涼子で終わった。
そんな日があってもいいのかもしれない。