「スランプ」で片付けてしまえば楽な話

長期休暇は苦手だ。目標を立てて、その通りに処理していくことが苦手だ。

休みの間にこれだけやるぞ!
と決めたことができないことがある。追われないとできない、これは問題なのだけど。

文章が書けないことを「スランプ」と片付けてしまえば楽でいい。
書けない、書きたくないと思う裏にあるものを、丁寧に紐解いていかないといけないのに。

部屋の模様替えをして、あれこれやってみても、結局のところはパソコンやノートに向き合って、カタチにしていかないとダメなのである。

満足にできたのはコインランドリーに行って、待ち時間の間に本を読めたことくらいか。

そんな8月11日だった。