2020年01月09日 手に入る嬉しさ

年末から蕎麦ばかり食べている。乾麺の蕎麦、いつものお気に入りのヤツがある。
というか、作り方を覚えたし、ちょうどいい分量なので、そればかり買っている。

おととい買いに行ったら売り切れていた。棚に並んでおらず、買うことができなかった。
隣には別の蕎麦が売っていたのだけど、それじゃダメなのだ。

というくらいこだわっているわけじゃないが、別のモノに乗り換える必要もない。
いつもと同じ、あのメーカーの、あのパッケージのヤツ。それがいいのだ。

日常野中で選択肢を減らす。こだわりがないのであれば、同じモノを買う。というこだわり。
迷っている時間がもったないのだ。

というわけで今日、改めてスーパーに。その蕎麦を買うことができた。
乾麺なのでたくさん買ってきた。いつものそれが手に入る嬉しさ。

同じモノを買うのは便利で楽ちん。それが嬉しいし、別のことにリソースを割きたい。
だから、いつものヤツを、いつも通り買うのだ。