自分でも分かっている「時間が足りていない」こと、それを改善しないこと

ただただ時間が足りていないだけ。

と思うことがいくつもある。やっぱりそうだよなーと思ったことはこのツイートから。

 

確かに、フリーランスやブロガーは、とにかく動きまくってるんだろうな、スマートなやり方かどうかはさておき、動きまくっているんだろうな。

 

とすれば、僕の時間はどうなっているのか。

 

睡眠…6時間

通勤…1.5時間

会社…11時間

その他…5.5時間

 

この5.5時間に、お風呂に入ったり、家事をしたり、ブログを書いたり、フリーランスの仕事をすることが含まれる。土休日だとバランスは大きく変わるのだけど。

 

つまり、会社員の半分のリソースも割けていないのが現実というわけ。ブログなんて1時間くらいしか時間を使っていない。しかもそれはアウトプットに使う時間。

何かを上達したいと思うなら、1時間でいいのだろうか。

ピアノにしても、スポーツにしても、1時間なんて準備運動で終わってしまう。毎回身体を温めるだけで終わり。そんな時間でやっていけるのだろうか。

 

その反面、会社員としては1日の半分くらいを「会社」に投入している。それだけの成果は付いてきたし、給与だって一人前にもらえるようになった。

時間だけではないが、本気でリソースを注げるものがあれば、随分と成長するんだろうなと実感しているところ。

 

ただただブログを書くにしても、1日1時間は少ないだろ。と思いながらもそれ以上に時間を増やすことができない。

もっとも、時間ができたところで、精一杯のリソースを割けるかと言えば、答えはNOなのだけど。

 

休みの日に10時間以上の時間があったところで、クオリティも上がらなければ、量も増えない。いつも1時間でやっていることを、10時間かけてやることになる。ただそれだけのこと。

 

ということは、時間が足りていないのではなく、僕にとってブログに充てる時間は1時間がちょうどいい、会社に充てる時間は11時間がちょうどいいのかもしれない。

 

会社員の10%くらいのリソースしかないから、マネタイズ的にも給与の10%程度にしか成長させられないのかもしれない。

休日は好きなことをして遊び、はしゃいで楽しむ。ステップアップするために何をするのだろうか。結局のところ、今のライフスタイルを1年、2年と続けてこれるのは、これがちょうどいいからなのだろう。

 

たとえブログに注げるリソースが1日1時間だとしても、そのリターンがまだまだ少ないものだとしても、僕にはそれ以上でも、それ以下でもないということだ。

今の自分には、これがちょうどいい。

 

ただ、タイミングや転機というのは突然やってくるもの。

部署が変われば勤務時間も8時間でさっさと終わるかもしれない。そうなるとライフスタイルやバランスも崩れてくる。

崩れたときに初めて「これからどうしていこうか」と本気で悩めるだろうし、大幅な方向転換もできると思う。

 

そういうタイミングがないとしたら。ジワジワと自分で変えていくことが重要なのだろう。大幅な方向転換というよりは、今まで積み上げてきたものを、ちょっとずらすような。

だからこそ、もう一つのブログでは、長文での投稿を掲げているし、またもう一つのブログには事前に準備した企画を載せられるようなことを考えている。

 

考えて、動き出して、成果になるまでは、まだまだ時間がかかるかもしれないし、成功しないかもしれない。

でも、その小さな変化をうまく続けていけるように、やっていくことが重要で。

大きな成果を得るよりも、地道に続けていけることに重点を置いているから。

 

時間が足りないと考えていることも、時間が足りないだけなのか、時間が足りない錯覚をしているのか、今のままでもちょうどいい。

だから改善することは、時間を生み出すことではなく、ちょっとずつ長く作業をできるようにすること。

 

この改善方法も間違えてしまったら、どんどんドツボにハマっていくような気がしている。

少しずつ、少しずつ、改善を重ねていきたい。

 

f:id:acogale:20180101194519j:plain