肌で感じる勘違いと季節、秋のよそおい

エアコンの運転モードを「ドライ」にする。設定温度は21度。24時間動かし続けた結果、家全体の電気代は1日320円と表示されていた。

夏の間だけ、つけっぱなしにしておこう。家に帰ると涼しい部屋が待っている。この快適さを覚えてしまったら、来年も同じ選択をするだろう。

 

午前5時37分、iPhoneのアラームに起こされた。

いつもより肌寒い朝、スカッと晴れた空。どことなく秋の雰囲気が漂っていた。

運動会の日の朝みたい。

 

エアコンをつけて寝たからだろう。涼しい部屋と差し込む日差し。ちょっとした非日常を味わっていた。

朝の身支度をして、燃えるゴミを片手に家をでる。

 

外も涼しい

 

部屋がいつもよりも涼しく感じたのは、外気が涼しくなっていたから。

夏も折り返し地点を過ぎたようだ。

 

あれだけ暑い、暑いと言っていたのに、涼しい朝になるとどこか寂しい気持ちになってしまう。

ピークを過ぎてしまったんだな、と弱気になってしまうのだろうか。

 

これから過ごしやすい日がやってくるというのに、暑い夏の日が忘れられなくなる。

 

夏に向かっているときは「暑いですね」と言えたけど、夏が去っていくときに「涼しくなりましたね」と言えないのは僕だけだろう。

涼しくなり、寒くなると、一人の殻に閉じこもりたくなる。

少しずつ変化する朝の気温、枯れていく植物、スーパーに並ぶ魚、それを感じながら自分の殻に閉じこもっていく。

全てがゼロになるように。

 

暑い日を感じられるのはあとどれくらいあるのだろうか、寒い冬を実感できるのはあとどれくらいなんだろうか。

邪魔者でしかなかった暑さ、寒さに向き合っている自分がいたり、小さな変化を探そうとしている自分がいる。

 

少しばかり気持ちにも余裕ができたからだろう、変化に気付くことができるのは。

 

あとどれくらいかしたら、金木犀の香りがするようになり、会社を出る頃には真っ暗になっている。

いつしか本格的な冬になり、朝起きるのがつらくなるのも体験済みだ。

 

涼しく過ごしやすかった朝、お盆休みの会社が多いのか通勤電車も空いていた。

これも来週になれば、いつもどおりの電車になり、再来週になれば学生も増えてくる。

 

今の時期のなんとも言えない雰囲気、なんともいえない世の中がたまらなく好きだ。

各々が全く違うことを考えていそうな今の時期が。

 

昨日とはちょっと違う肌寒い朝を迎えて、昨日とはちょっと違うセンチメンタルな気持ちになる。

明日、もし今朝と同じように肌寒かったとしても、何も感じないだろう。

 

何かが変化し始めているその一瞬に、強く心を奪われたのだ。

 

エアコンがちょっと強かっただけだと思った朝、いつもよりも布団に包まっていた朝、すっきりとした目覚めだった朝、澄んだ朝日がまぶしかった朝。

昨日とは違うそれらが、1年前にも感じた気持ちを呼び起こしてくれたのかもしれない。

 

いつもより足どりが軽く、いつもよりニヤニヤした気持ちで出社する。

通勤電車の中で眺めていたツイッターのタイムライン。

「秋の朝みたいだ」「いい匂いがした」というツイートから、同じように感じている人もいるんだなぁと、嬉しくなったのも今朝の出来事。

 

変化は急にやってくる。その変化に気がつけるかどうか、気が付いたときに面白く受け止められるかどうか。

 

いつもは日陰を探して待っているバスも、一駅歩くのが嫌になる駅も、今日からは大丈夫だろう。

夏の暑さが一休みしたことで、新しく感じることができたし、過去の気持ちを聞くことができた。

とはいっても、まだ暑い日は続くし、徐々に寒い日になっていく。その変化を大事にしながら、まだまだ「暑い日だな」と言い続けたい。

 

来週からはフルに勤務。無理しない程度に頑張っていこう。

 

f:id:acogale:20180817095827j:image