2020年06月23日 給湯器が壊れて銭湯三昧

数日前、シャワーを浴びているとき。

なんとなく嫌な予感がした。それは水流の変化なのか水温の変化なのか、よく分からないがヤバいと思った。

数秒後、残念ながらお湯が水になってシャワーから出てきた。
あとは足についている石けんを流すだけだったので、難を逃れたのだが。

管理会社に電話すると「とりあえず業者が給湯器の様子を見に行きますね」とのこと。
玄関横に設置されているので、在宅にて待機する必要もない。

3時間ほどしで電話が掛かってきた。
設置方法が特殊だから、修理や交換に1週間ほどかかるとのことだ。

暑い時期だからよかったけれど、それでも水のシャワーは身体に堪える。
というわけで1週間の銭湯生活が始まった。

ありがたいことに家から徒歩圏内に銭湯があるのだが。
わざわざ遠くのスーパー銭湯へ向かう。カーシェアで車を借りて夜のドライブだ。

日が落ちると気温は25℃前後。窓を全開にして走るにはちょうどいい気温。

夜のバイパスは空いていた。矢沢永吉のYES MY LOVEなんて流しながら、時速70kmでバイパスを駆け抜ける。

スーパー銭湯でさっぱり綺麗になった帰りも同じ道を戻る。
完全に乾いていない髪、行きよりも体温が高いからか、風が心地良く感じられる。

クルマ代や銭湯代が補償されるわけじゃないけれど、心身ともにさっぱりできたので、気にしないことにしよう。

夜の楽しみを覚えてしまったが、これも給湯器が直るまでの数日間の贅沢。
明日はどこのスーパー銭湯に行こうか。仕事を早く終わらせて、気分良く楽しみたいのだ。

たまにはそんな日があってもいい。