書くことを大切にしたい

1本5,000文字ほど書くと、なかなかいい具合に頭が痺れる。
手抜きじゃかけないし、構成もしっかりと考えないといけない。

でも頭が痺れる感覚は好きだから、やめられなくなる。

本当に、本当に人生というのは分からないもので、こうやって文章を書いていることに一番驚いているのは僕自身だったりする。
昔は書くのが苦手だったのに。

それは書くのが苦手だったんじゃなくて、自己表現が苦手だったのかもしれない。

いいタイミングでパソコンに出会って、ペンを走らせるよりキーボードを使う方が好きだから。
そこで書くことを覚えたのかもしれない。

苦手、苦手、と自分が思っていることを細分化してみたら、意外なところがボトルネックになっていそうだ。

ようやくストッパーが外れて、思考がいい具合に出てくるようになった。
だからこれからも、書くことを大切にしたい。